すーさん’ず日誌

管理人「すーさん’ず」の思ったこと、趣味を管理人独自の視点で書いていきます。 ネタバレを含みますので注意! 相互リンク募集中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

tweet   ≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

tweet   ≫ EDIT

『極上・最強・孤高』のカオス小説。

どうもどうも。すーさん’ずです。
今回は日本で、いや世界で一番のカオスな小説を紹介です。
それは。。。。。
ぷにぷに☆ぽえみぃ

ぷにぷにぽえみぃ―小林伝説 (角川スニーカー文庫)ぷにぷにぽえみぃ―小林伝説 (角川スニーカー文庫)
(2001/06)
黒田 洋介

商品詳細を見る

ぷにぷに☆ぽえみぃです。
作者は「ハチミツとクローバー」や「おおきく振りかぶって」、「機動戦士ガンダム00」に「ハヤテのごとく!!(2期の方ね)」に「学園黙示録」のシリーズ構成又はメインライターを努めた黒田洋介さん
そんな黒田さんのとてつもなくカオスな小説。それが「ぷにぷに☆ぽえみぃ」です。
もうね、この小説のカオスっぷりは他のカオスよりも一線を脱してます人間には難しすぎます
作者の黒田洋介さんにはしっかりとした『この小説を通して伝えたい事』があるらしいのですが・・・
すいません。管理人には何となくしか分かりません。明確な輪郭が掴めません。うっすらとしすぎていて今にも消えてしまいそうです。
でもカオスはカオスでも細部まで考え抜かれたカオスですよ。そこんとこは勘違いしないでくださいな。

さてさて、ちょっとした感想を書いたところでストーリー紹介とでもいきましょうか。

自分のことを「小林」と名乗るワタナベぽえみ13歳。ぽえみの父親にして伝説のアニメ監督ナベシンがこの世に遺した作品の主役を勝ち取るべく、声優道を日々邁進する女の子だ。そんなぽえみの前にある日、東京都葛飾区担当の魔法使いが出現。「あなたの正体は地球を守護する存在、ぷにぷにぽえみぃなのよ!」という衝撃の事実を、あまりにもとーとつに告げられたぽえみが選んだ道とは!?
Amazon.co.jp: ぷにぷにぽえみぃ―小林伝説 (角川スニーカー文庫): 黒田 洋介, 大越 秀武: 本より引用)

。。。。。。紹介文だけでもうカオスな雰囲気がプンプンですがまぁ、うん。大丈夫です。
大丈夫じゃないのはむしろ。。。。。
この小説の元とも言えるOVAが海外では有害指定されてる。
具体的にはどんな感じかっつーと。。。。。。

カナダ:持ち込み不可
ニュージーランド:政府映像審査機関(OFLC)により「児童ポルノ」の認定を受け、同国内での発売が禁止
米国・イギリス:ADVフィルムよりTV-MA(Mature Audience Only、17歳以下の視聴不適)のレイティングを受けて発売
ぷにぷに☆ぽえみぃ - Wikipediaより引用)

・・・・・そこまでして「カオスな笑い」を引き立てようとする黒田さんの情熱には脱帽です。すごすぎます。

そんな熱い魂が込められた本作、最近何かにつけて「規制、規制」とうるさい日本でもいつ読めなくなるか分かったもんじゃありません
ですので皆さんもぜひ読んでみて、黒田さんの「カオスに秘められた何か」を探してみてはいかがでしょう。

| 日常 | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suusann347.blog89.fc2.com/tb.php/241-b5899487

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。