すーさん’ず日誌

管理人「すーさん’ず」の思ったこと、趣味を管理人独自の視点で書いていきます。 ネタバレを含みますので注意! 相互リンク募集中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

tweet   ≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

tweet   ≫ EDIT

童謡『どんぐりころころ』は何故ハッピーエンドにならないのか?

皆さんこんにちは。すーさん’ずです。
今日は童謡、「どんぐりころころ」についての話。「どんぐりころころ」は何故あんな悲しい終わり方をしてしまうのか。調べてみました。



上の可愛らしい動画だって最後はハッピーエンドじゃありません
やっぱりどんぐりは泣くどじょうは困る。幸せに何かなれやしない。
でも、こういうのって普通はハッピーエンドでまぁるく終わるじゃないですか。みんな幸せハッピーエンドじゃないですか。
これは何かある。そう思って調べてみました。カモン!wikipedia!

『どんぐりころころ』は、大正時代に作られた唱歌、広義の童謡。作詞青木存義 (1879年-1935年)、作曲梁田貞(1885年-1959年)。七五調四行詩のいわゆる今様の形式の作品であり、2番まである歌詞は起承転結のはっきりとした物語性のある構成となっている。青木の没後、終戦直後の1947年(昭和22年)に小学校用の教科書(音楽)で使用されたことを契機に広く歌われるようになり、その普及ぶりから金田一春彦に「日本の三大童謡の一つ」とも評されている。2007年(平成19年)に「日本の歌百選」に選ばれた。作詞、作曲ともに著作権の保護期間が満了しており、パブリックドメインとなっている。
どんぐりころころ - Wikipediaより引用)

やはり歌詞は2番までしかないようです。つまりハッピーエンドは存在しないと。
そうですか。。。なかなか悲しい童謡のようです。
これはあれでしょうか、お池にはまると抜け出せませんよっていう忠告でしょうか。
まぁ確かに現代にはさまざまなお池がありますからね。ギャンブル池キャバクラ池。他にももろもろetc...
なるほど。どれもはまると恐ろしいお池ですね。きっと「どんぐりころころ」はそんな現代に向けたメッセージなのでしょう。たぶん。






っと、まぁまぁ哲学的な感じで終わりそうですが。
実は「どんぐりころころ」には『幻の3番(非公式)』があるらしいのです。
それがこの歌詞。

どんぐりころころ 泣いてたら
仲良しこりすが とんできて
落ち葉にくるんで おんぶして
急いでお山に 連れてった
どんぐりころころ - Wikipediaより引用)

どうもどんぐりは仲良し小リスちゃんに誘拐されるらしいです。
‥‥‥まぁそれはともかくどんぐりは無事にお山に帰れたようですね。
まさしくハッピーエンド。これこそハッピーエンド
どうもこの非公式3番の起源には諸説あり、どこから湧いて出た歌詞なのかは不明。そんなこんなでこの3番は幻なのでしょうな。

まとめ
(借金と言う名の)お池にはまってさぁ大変♪

| 日常 | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suusann347.blog89.fc2.com/tb.php/248-51fd14e2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。