すーさん’ず日誌

管理人「すーさん’ず」の思ったこと、趣味を管理人独自の視点で書いていきます。 ネタバレを含みますので注意! 相互リンク募集中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

tweet   ≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

tweet   ≫ EDIT

アウトレイジを見た感想をごたごたと。

3連休映画視聴祭2日目。
今日はアウトレイジを見ました。


アウトレイジ [DVD]アウトレイジ [DVD]
(2010/12/03)
ビートたけし、三浦友和 他

商品詳細を見る

いやー、黒い話ですなぁ。
思わず目を覆っちゃうシーンがいくつかあったもん。
これが「世界のキタノ」の映画かぁ・・・。素晴らしい。

例によってネタバレ多いです。続きを読むでどうぞ。



なんというか、私の見たことのないタイプのヤクザ映画でした。
いや、あんまりヤクザ物って見たことないんだけどさ。
私のヤクザ映画のイメージって、「非合法の正義」みたいな印象が強いんですね。
この映画はそれを大きく覆しました。

この映画の見所を上げるとしたら二つ。

一つは大友組の若頭、水野を演じた椎名桔平さんの演技力。
桔平さんの演技力はやはり素晴らしい。男の私でも惚れます。
極悪非道な冷酷さと義を尽くす忠誠心。
演じ分けが素人目にも良くわかります。美しすぎる。
あまりの名演技に、本気で桔平さんの事を嫌いになりそうですもん。

そしてもう一つ、登場人物全員の汚さ。
みんながみんな、自分と仲間の事しか考えていないと言うか、仲間の事さえ考えていないと言うか。
汚い。さすがヤクザ汚い。
ヤクザの世界ってよくわからないんですけど、こんなに汚い物なんでしょうかねぇ・・・?
そして人を裏切った報復はやはり、人からの裏切り。
永遠の負の連鎖ですよ。

そうは言ってもこの映画、最終シーンがなければ、ただ単に「人に嘘をつくと痛い目にあう」っていう、ただそれだけの内容になってしまうんですね。
そこは世界のキタノ監督。そんな単純明快な答えを導き出せるほど容易い映画は作ってくれませんでした。
最終シーン、三浦友和さん演じる加藤が、会長と関内を殺し、関内に会長殺しの罪をなすりつけ、自らが山王会本家会長になります。
このシーンが、前述の答えを見事にへし折ってくれました。
そして一番死にそうな警察官、片岡がなんだかんだで上手く世の中を渡ってしまうっていう。
「嘘をつき通せば良い目を見られる」という、人間社会の黒い部分を表していると思います。

スカッとはできないですけど、モヤモヤもしない。不思議な映画でした。


そしてパッケージにでかでかと書かれてた「全員悪人」の意味がわかりましたよ。
映画を見る前はただ単に「安っぽい宣伝文句だなぁ」と思ってましたけど、今は「この映画をそっくりそのまま表した、安っぽい宣伝文句」に変わりました。
・・・なんとなく安っぽさが変わらない。第一印象って大事。



しかし桔平さん良い体してんなぁ・・・。

| 日常 | 19:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suusann347.blog89.fc2.com/tb.php/361-17a72a16

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。