すーさん’ず日誌

管理人「すーさん’ず」の思ったこと、趣味を管理人独自の視点で書いていきます。 ネタバレを含みますので注意! 相互リンク募集中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

tweet   ≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

tweet   ≫ EDIT

マクドナルドの新メニュー「マックエア」はハンバーガー業界に新風を吹き込む「追い風」でした

今月7日から「100円マック」に代表される低価格路線を転換し、値上げに踏み切ったマクドナルド。
ファーストフード業界全体が不況の煽りを受けるなか、常に新しい事に挑戦し続けているマクドナルドですが、6月1日から発売される新メニュー「マックエア」はその最たる物と言えるでしょう。
今回、当ブログでは新メニュー「マックエア」を食べてまいりました。

ph001.jpg

マックエアは現在、正式なメニューに追加されておりませんが、注文することはできます。
俗に言う「隠しメニュー」扱いですね。

DSC_0046.jpg

DSC_0047.jpg

これがマックエア。
マックエアは「マクドナルド厨房の空気を味わう」をコンセプトに作られたサイドメニュー。
見ての通り、包み紙一杯にマクドナルド厨房の空気(エア)が入っています。
味わってみたところ、確かにマクドナルドのポテトっぽい香りが漂って来ました
なるほどこれは確かにマックのエアだ!

一体全体、何故このような商品を作ったのでしょうか?
開発者に話を伺ってきました。

すーさん’ず(以下:す)「何故このような商品を?」
開発者(以下:開)「『富士山の空気缶』って流行ったじゃないですか。」
す「はい。」
開「富士山の空気は一般人にはなかなか吸えない。そこに希少価値があり、『富士山の空気缶』は売れたんです。マクドナルドの厨房も同じ。一般人は立ち入れない場所だからこそ、独特の空気があると考え、商品化に至りました。」
す「なるほど。言われてみればそんな気もしますね。」
開「マクドナルドのクルー(編集注:マクドナルド店員)達の間には友情あり、涙ありの人情ドラマがありますからね。マックエアの味わいも深まることでしょう。」

1375225__493132458.jpg

す「トレーのバイト募集紙にも素敵な事がたくさん書かれていますよね。」
開「そうです。マクドナルドで働くってある意味人生ですね(笑)」
す「はい。」

す「では最後にお聞きします。あなたにとって新商品『マックエア』とは?」
開「マクドナルドの社運を掛けた一大プロジェクトです。これが成功すれば、ファーストフード業界全体が大きな衝撃を受けるでしょう。」
開「みなさんには親しみを込めて『マッ空気(編集注:マクドナルドの略称「マック」と「空気」の造語)』と呼んでもらいたいですね(笑)」
す「そうですね。ありがとうございました。」

しかし、ハンバーガー業界に詳しい茂好(もすき)教授は「マクドナルドが今後『ENJOY60秒サービス(編集注:60秒以内に商品を渡すキャンペーン)』や『店頭メニューの廃止』などクルーに負担の掛かるキャンペーンを行った際、ストレスで厨房の空気が悪くなり、『マックエア』の質が下がるのではないか」と懸念しています。

マックエアの気になる価格は80円(都内価格)。
皆さんもマクドナルド店員になったつもりで、マックエアを味わってみてはいかがでしょうか。

この記事はジョークです。某嘘っこ新聞のパクリスペクトです。
私事ですが、先日マックダブルを食べました。パティが二枚のハンバーガーです。
美味しかったですが、190円は高いですねぇ。

| 日常 | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://suusann347.blog89.fc2.com/tb.php/396-ac12342f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。